止水プラグと下水道カメラ

設けられる。したがって浮遊式活性汚泥では最終沈殿池を必ず設ける。最終沈殿池は下水処理の仕上げの意味を持つもので水面積負荷も越流負荷も最初沈殿池よりも小さく設計する。
 
止水プラグは安全のためサポト等補強処置を必ず使用してださい。
 
消化槽の形状は各国で種々のものが使われている。日本アメリカでは円柱形が普及したドイツでは頃から亀甲形が多く採用されたが頃から卵形消化槽が普及しを超える。大型消化槽がつくられている。
 
現在の活性汚泥法で下水処理を行っている処理場でも、スクリンの後に最初沈殿池を設けて、そこへ下水を静かに流し、比重が大きい砂や懸濁物を沈殿させます。上澄み水は、次の活性汚泥槽に送ります。
 
率は45%で給水時間は5時間という前代未聞の下水道カメラ記録となりました。渇水はその年の天候に左右されるため、事前に予防することはできませんが、水道事業者側では漏水箇所の低減などによります。