信仰生活の焦点

カトリックの神父マキシミリアンーコルベは前に出る必要はなかった。彼は生き延びることが許されていた。しかし彼の横には五人の小さな子を持つ一人の父かおり、列から前に出るように呼び出された。
 
信仰生活の焦点は、家族的な単位の共同体である「細胞グループ」におくのです。クリスチャンの育成ケアに召された者が「細胞グループ担当者」として奉仕をします。やがてあなたも成長の過程にあって、細胞グループ
 
乗客もろとも積荷を載せ直さねばならなかった。こうして百名あまりの一行を乗せて大西洋横断の旅に出たメイフラワー号であったが、窮屈で困難な航海の末に彼らが到着したのは、入植許可を得ていた
 
十分に気をつけなければならないのです。26-2了節:彼女に殺された者は数えきれないとあります。原文では殺された強い者とあります、自分は大丈夫と思っていた者がわなにかかったのです、二の行き先は、よみです。
 
永遠のいのちは将来の状態であるが、私たちの中での神のみ業は現在にも向けられる。